​協会Q&A

よくある質問Q&A

Q≫日本キャンドル・ハンドクラフト協会(JCHCA)とはどんな組織ですか??​

A≫日本に初めてキャンドル作りの専門スクールを作った初代理事廣瀬祐子を中心にキャンドル作家有志6名が2009年に運営を開始し、現在3代目となる穂積貞子が理事を務めています。

日本キャンドル・ハンドクラフト協会は、キャンドル作りを専門的に学べる方を支援しています。
キャンドルの素材の持つ特徴を多くの方に知ってもらい安全に楽しんでもらうことを目標に

素材の持つ特徴を生かし個性的な活動やユニークなキャンドル作りができる作家・その特徴の知識と扱う技術を伝えることのできる講師の育成を行っております。
また、クラフト作りが初めてという方々にも楽しんでもらえるためのワークショップやイベントの開催も行っております。キャンドル作りを軸に仕事をしたいとお考えの方は是非、ご一緒に成長してゆきましょう。


2021年より新体制でスタートします。
協会理事 穂積貞子
副理事  笠井千晴
事務局長 一噌文代 
   

Q≫認定制度はありますか。

A≫認定制度は、設けておりません。
2021年より認定制度を廃止し、次の新たなるステージへの取り組みを考えたいと思います。
制度や資格にとらわれずユニークで魅力あるキャンドル教室を1つでも多く増やして行けるように活動をしたいと考えています。
 

 

Q≫年会費などはかかりますか。

A≫会費もありません。
講師登録・更新をする際に3000円の手数料がかかります。

Q≫講師登録のメリットは何ですか?
講師登録のメリットは下記のとおりです。

  1. 協会のホームページで教室及び活動を紹介(掲載)をしワークショップや教室講師として活躍するこができます。

  2. 名称を使用し 、自身のキャンドルブランドのイメージアップをはかり、キャンドル活動の範囲を広げることが可能です。            

 

Q≫掲載教室は、授業内容・授業料は同じですか?

A≫専門講座は、同じ内容・同じ受講料で行っております

*専門講座は、審査基準を設け水準以上の技術と知識を持った講師が開催しております。
*オリジナル講座は、独自性を重視したものとなり開催講師の判断により運営されています。
 

オリジナルキャンドル講座作りの支援も行っておりますのでご活用ください。
★講師登録された方への様々な悩みや不安を少しでも解消できるように開業支援、教室コンセプトの組み立て、独自コース内容の考案、集客計画など様々なバックアップ講座をご準備しております。